ラフからの攻め方|ゴルフ上達法

ライによって攻め方を変える

ゴルフスイング,基本,上達

ラフからのアプローチで、まず最初にやるべきことはライの見極めです。ボールがどれくらい沈んでいるかで、攻め方やクラブが変わるからです。

 

普通のアプローチに近い感覚で打てるのは、ボールが浮いている場合。ボールが半分以上見えてるのであればピッチ&ラン、ランニング、ピッチショットのどれでも使えます。ただし、ラフにあるボールは浮いている、つまりボールと地面にはかなりのすき間があることを忘れないでください。どんな攻め方をするにしても、ボールの高さにヘッドをセットしてボールだけを打つイメージで振らないと、ヘッドがボールの下を潜ってダルマ落としになりやすくなります。

 

ボールが半分以上沈んでいる場合には、ランニングアプローチは難しくなります。芝ごとさらうように打つことになるので、サンドウェッジやアプローチウェッジなどロフトが大きいクラブを使ってピッチ&ランやピッチショットで攻めましょう。

 

花道から打つような感じで距離感を出すのは無理なので、ピンポジションがどこでも狙いはグリーンセンターで、乗れば十分と考えましょう。

 

もっとも難しいのはラフにボールがずっぽりと沈んでいるケースですが、そんな状況でも必ずボールとじめんの間にはすき間があります。ラフの抵抗が大きいからと、上から打ち込む人も多いですが、これだと距離が出過ぎたりザックリする危険があります。

 

バンカーショットのイメージで手前の芝から刈り取るように打つイメージで打ちましょう。もちろんこの場合も、グリーンに乗れば十分と考えます。

 

距離にもよりますが、クラブを短く持って、ボールの近くに立ったほうがやさしく打てます。また、スピンがかかりにくいのでキャリーしてからのランが出やすいのにも注意しましょう。

 

どんな攻め方でもボールの飛び方をイメージし、落としどころを決めて攻めましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ