ピン位置に対する攻め方② ピンが左右どちらかにふられている

ピンの逆サイドを狙おう

アプローチする方向から見て、ピンが左右の端に立っていることがありますが、そんな時こそ絶対にピンを狙ってはいけません。

 

ミスしたときにピンの逆サイドに外れれば良いのですが、ピンと同じサイドへのミスでグリーンを外してしまうと、難しいアプローチが残って大叩きにつながる可能性があります。

 

グリーンの端に立っているピンの狭いサイドに外すと、ピンに近い位置からアプローチすることになります。カラーなどの芝が短く刈り込まれている場所にボールが止まれば、パターなどで転がす事も出来るかもしれませんが、ピンに近いところでボールが深いラフなどに入ってしまうと、寄せることは至難の業で、グリーンに乗せる事すら難しくなってしまうケースもあります。

 

ましてや、近いサイドのバンカーや池に入れてしまえば、さらにスコアを崩す可能性があります。

 

プロやシングルクラスの上級者ならまだしも、アベレージゴルファーにとっては、アプローチでピンを狙うのは、それだけでギャンブルなのです。

 

もしピンが右サイドに切られている場合には、狙うべきなのはグリーンセンターから左サイドになります。そうした狙い方をしておけば、たとえグリーンの左サイドに外したとしても、ピンまである程度の距離があるアプローチが残るので、寄せられる確率は高くなります。

 

ミスをしてピン側に飛んだとしても、結果とてピンによる可能性も残す事が出来るのです。

 

このような状況で、自分の思った方向に打てるようになれば、アプローチが上達した証拠です。ピンを狙うのはそれからにしておきましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ