左ドックレッグでのセカンドショット・サードショット

左サイドからは距離を捨ててレイアップする

ゴルフスイング,基本,上達

右ドッグレッグのホールと同様、左ドックレッグのホールのセカンドショット・サードショットでも、グリーンが見えないときは注意が必要です。

 

ティーショットを左に曲げて左サイドに行くと、グリーンが見えないのはもちろん、目の前に林が迫っている、いわゆるスタイミーな状況になりがちです。

 

当然グリーン方向には打てず、林を越えるのに高いボールが要求されるので、長い距離を打つのも不可能です。

 

グリーンが見えない左サイドから打つときは、飛距離は捨てて確実にグリーンが見えるところまでレイアップしましょう。

 

ティーショットを右に曲げて右サイドにボールがある状況でも同様です。

 

グリーンが見えなければ、打てる距離と安全な方向を割り出して、グリーンが見える場所まで確実に出しましょう。

 

ショットがグリーンと逆方向に飛んでいるので、たとえグリーンが見えていても長めの距離が残り、なおかつラフに入っていることが多くなります。そのため飛距離と方向性を両立させずらい状況といえます。

 

ボールのライを見て、チャレンジ出来ると判断した場合には、グリーンを狙ってかまいませんが、届かないと判断したら、ショートアイアンなどで確実に刻みましょう。

 

左右どちらのサイドから打つ場合でも、必ずグリーンの位置を実際に確認したり、見える場所までの距離が長ければ、キャディーや同伴競技者に確認しておきましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ