林で上の空間が空いているとき

ボールを上げる角度を見極める

ゴルフスイング,基本,上達

林からのショットのさい、下は葉や枝が密集していて抜けないが、上には空間が広がっているケースがあります。

 

特に低木や、先細りの木からなる林では、上がまばらになるため空間が出来やすい。

 

そんな状況では、上に出来た空間を狙い、高いボールで脱出する作戦が使えます。

 

まず確認すべきなのがボールのライで、沈んでいたらボールを上げる事は出来ないので、違うルートを捜しましょう。

 

上を抜くには、芝にしろベアグラウンドにしろ、ボールが沈んでないことが大前提となります。

 

打てそうだったら、まずはどれくらいの角度でボールを上げたらいいか見極めます。ラウンドや練習機会の少ない人は、番手によるボールの上がり角度の違いを把握できていない人が多いので、練習場などではどの番手がどの位の高さで上がるのかも確認しておきましょう。

 

クラブ選択には保険をかけておくことをオススメします。たとえば、8番アイアンでギリギリ越えそうな場合には、一番手落として9番アイアンを選択するという具合です。

 

確実性を重視することが、スコアアップの秘訣となります。

 

打つべきポジションまでの距離を把握する事も大切ですが、基本的にはロフトのあるクラブを使うので、距離は欲張らないほうがいいでしょう。

 

狙った空間にうまく飛んでくれる番手選びと、ロフトを殺さない打ち方をすることがポイントです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ