枯れ葉、枯れ枝の上からのショット

ボールの近くに立って小さく振る

ゴルフスイング,基本,上達

林の中に打ち込むと、そこからのショットはベアグラウンドの上からになるケースが多くなります。

 

季節によって変化しますが、枯れ葉や枯れ枝の上に乗っていたり、枝に寄りかかってボールが止まっていることがあります。

 

 

 

そんな状況からのショットで気をつけなければならないのが、クラブフェースにボールを当てやすいクラブ(5~8番アイアンくらい)を選び、当てやすいアドレスをとるという事です。

 

まずはボールに当てる事を考えましょう。ボールが体の遠くにあると、ヒットする確率が低くなるので、まずは普段よりもボールの近くで構えます。

 

また、ボールの近くに立つにはクラブを短く持つ必要があります。これは、何番を選んだ場合にも言えることで、クラブを短く持つ事により、ボールに体が近くなるのです。

 

ボールの近くに立ち、ボール位置をセンターに置く事で、構えはコンパクトになり、大振り出来なくなります。すなわち、狭いスタンスでパターの延長のようなイメージで振る体勢を作るわけです。

 

目標取りや打つボールがイメージできたら、あとはそのバランスを崩さないように打つだけです。

 

ひとつ、気をつけなければならないのが、このようなライから打つと飛距離が落ちることです。ただし、ボールは基本的には浮いているので、フェースの芯でヒットするのはそれほど難しいことではありません。

 

飛距離が落ちることに対する対策は、番手を上げるか振り幅を大きくするかですが、忘れてはならないのはボールにきちんとコンタクトすることです。

 

これをまず大前提にしてから、それが出来る番手選びやスイングを心掛けましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ