林、前方に木や枝が密集してい場合|ゴルフ上達法

打つ前の段階でミスを犯さないよう注意する

ゴルフスイング,基本,上達

林の中からグリーン方向に打ちたいが、あいにくその方向は木や枝が密集していて狙えないといった状況では、真横、もしくは多少後退してでも安全にフェアウェイに出すしかありません。

 

しかし、出すだけだからと簡単に考えていると、ミスを重ねることになります。

 

フェアウェイまでの距離がないからとウェッジで打って、ザックリしてほとんど前に進まなかったり、転がしてみたら距離が足りずにラフでストップしたり、あるいは打ち過ぎて反対サイドのラフに入ってしまった。

 

こういった苦い経験は誰にでもあると思います。

 

なぜこのようなことが起こるのか・・・もちろんテクニックの問題もありますが、それ以前の段階でミスをしている人が非常に多いのが現状です。

 

ライが悪いところからウェッジを使えば、ダフりやザックリの危険性が増すばかり。上手く打てたボールがラフに行ってしまうのは、ボールの落としどころを考えていない、言い換えれば、どんな弾道でレイアップするかイメージしていない結果です。また、飛び過ぎは単純なクラブの選択ミスといえます。

 

このように、大抵が打つ前のマネジメントで間違いを犯しているのです。

 

グリーンを狙うショットでは、風やピン位置、グリーン周りの状況など細かいところまで気を配るのに、林から出すときはよく考えずになんとなく打つ。これは明らかにショットに臨むときのテンションに差があるということです。

 

特に林からのショットでは気をつけなければならず、このようなトラブルショットのときこそ、いつも以上の集中力で望むべきなのです。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ