林、ベアグラウンドからのショット|ゴルフ上達法

グリーンは狙わない

ゴルフスイング,基本,上達

林に打ち込んでしまった場合には、まずフェアウェイに出すことを考えましょう。

 

そのためにはまず脱出ルートを探さなければなりませんが、多くの人は少しでもグリーンに近づけ、あわよくば乗せようと、グリーンにばかり目を向けてしまいます。

 

 

しかし、その方向へのショットはほとんど失敗に終わります。林に入れることは、一種のペナルティーであると考えましょう。コースの設計では、林からグリーンに乗せることは困難になるよう設計されているのです。

 

プロのショットがミラクルと言われるのはそれが所以です。アマチュア、特にアベレージゴルファーは前が開けていない限り、グリーンを狙ってはいけません。

 

林から脱出を図るさいには、真横や後方などにも目を向けて、もっとも脱出しやすいルートを探してクラブを選びましょう。

 

木の枝が上に張り出しているケースが多いので、低いボールで出すのが基本です。

 

短い距離を打つ場合でも、ロフトの少ないクラブを選び、ボールを右寄りに置いて、クラブを短く持って転がそう。

 

もちろん、ボールを浮かせて出せるのならば、無理に低く打つ必要はありません。

 

ベアグラウンドにあるボールを打つときも同様で、ロフトの立った番手を選んでボールを右寄りにセットし、転がして出すのが基本です。ロフトのあるクラブではダフリやトップのミスが出やすく、さらに地面が硬い場合が多いのでヘッドが跳ね返って上手く打てません。

 

前方が開けていて、比較的距離があるならば、ショートウッドを使うのも有効な手です。ショートウッドはソールが広く滑ってくれるので、アイアンよりはるかに打ちやすいのです。

 

いずれにしても、林やベアグラウンドに打ち込んでしまったときは、打ち出す方向をしっかりと決め、ハーフスイングで打ちましょう。次のショットを想定してレイアップすることが大前提となります。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ