サイドウインドの攻め方

風の力を借りる

ゴルフスイング,基本,上達

ゴルフでは、風はケンカするものではなく味方につけるものです。

 

アゲインストやフォローが吹いているときもそうですが、サイドウインドが吹いているときこそ、この言葉を思い出してください。

 

たとえば、左から右に吹いている風に対して、ドロー系のボールを打っていく攻め方。これは左からの風に対してドローで曲がりを相殺させる、いわゆる風とケンカするマネジメントです。

 

しかし、忘れていけないのは、風はボールに対してのみ吹いているのではなく、また完全な真横から吹いている訳でも無いという事です。

 

打ったボールはもちろん落下していくので、風とケンカすると上から叩き落される形となります。横の曲がり幅はある程度計算できるものですが、落とされる度合いまでは計算できません。

 

狙ったグリーンの手前に池があれば、そこに向かって叩き落され、ペナルティーを払わなければならない可能性もあります。

 

また、スライスボールを打つ場合でも注意が必要です。左から右に吹いている風に対してスライスを打つと、ボールは思った以上に右に流されます。

 

これは、風に押されることによってボールが後押しされることで起こります。

 

その結果、風の読みが甘いとボールは林やOBまで運ばれて、予想外のペナルティーが発生します。

 

ケンカするにしても、利用するにしても、決して風の力を甘く見るべきではないのです。

 

というわけで、サイドウインドに対しては、決して逆らわずに、むしろ風の力を借りるマネジメントをするべきなのです。

 

左から右の風に対して、スライサーなら大胆に左を向いてかぜに乗せ、フッカーならフェアウェイのセンターを狙うということになります。

 

いずれの場合にも、ボールの滞空時間が長いと風の影響も大きくなるので、強いサイドウインドが吹いているときのアイアンショットでは、かなり大胆にターゲットを変える必要があるでしょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ