傾斜地からのショット③ ツマ先上がりから

左への引っかけに注意する

ゴルフスイング,基本,上達

ティーショット、またはセカンドショットがスライスして右サイドの斜面にボールが止まるのはよくあることで、その場合グリーンを狙うショットはツマ先上がりになります。

 

この状況では、まずボールのライの状態を確認しましょう。斜面にボールが止まるということは、芝がある程度長いはずです。もしボールが沈んでいるようなら、ウェッジやショートアイアンなどロフトのあるクラブでレイアップし、次のショットに賭けるべきです。

 

ツマ先上がりのショットで警戒すべきなのが、左サイドへの引っかけです。

 

たとえば残り130ヤード前後のショットでは、使う番手は9番か8番あたりになると思いますが、ツマ先上がりのライからショートアイアンなどロフトのあるクラブを使うと、ほぼ間違いなく引っかけます。

 

ターゲットに対して真っ直ぐに狙っていくと、まず間違いなく左に飛ぶので、目標を最初から右に設定し、そこを狙っていくマネジメントが必要になります。

 

また、テクニックとして大きい番手でターゲットを狙う方法もあります。

 

ロフトの立っているロングアイアンは、左に飛びにくく右に飛びやすいという特徴があります。

 

この特徴を利用し、大き目の番手を短く持ってコンパクトにスイングすれば、通常のショットと同様に、ターゲットを真っ直ぐ狙っていくことが出来ます。

 

グリーン手前に池やバンカーなどのハザードがない状況であれば、もっとも安全にグリーンに乗る確率の高い方法となります。

 

少しくらいショートしても、ランによってグリーンに転がり乗る可能性もあるからです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ