深いラフからの攻め方|ゴルフ上達法

次のショットが打ちやすいところにレイアップする

ゴルフスイング,基本,上達

ラフからの攻め方でも少し触れましたが、深いラフからのショットでは、よりいっそう余裕をもったマネジメントが必要です。

 

パーオンショットならばボギーオン、ボギーオンショットならば結果的にダボになってもよしとしよう。

 

 

たとえば、グリーンセンターまで150ヤードあるとき、ノーマルショットであれば6~7番アイアンを使うところですが、深いラフからのショットでは、芝の抵抗が大きいためヘッドが走らずに番手どおりの飛距離はまず出ません。

 

このときに一番やってはいけないことは、グリーンまで届かせようとして大きい番手に持ち替えるとこです。長いクラブを持っては飛距離が伸びるどころか、ロフトが立つぶん芝の抵抗が大きくなって、ますます飛距離は出なくなります。

 

また、フェースとボールの間に大量の芝生がはさまるため、スピンがまったくかからずにドロップしてしまいます。

 

ラフから脱出することが出来ればいいほうで、再びラフから打つことになる危険性があります。

 

深いラフからの正しい選択は100ヤード、もしくはそれ以下の距離を打って、アプローチしやすいフェアウェイをターゲットにしてレイアップし、次の一打にかけることです。

 

深いラフからは、まずウェッジなどを使って脱出することを第一に考えましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ