バンカーショット練習法③ バスタオルの上のボールを打つ

折りたたんだバスタオルの上にボールを置いて打つ

ゴルフスイング,飛距離アップ,ヘッドスピードアップ

ソールを入れる位置を安定させることがバンカーショットの上達には欠かせません。

 

よくバンカーショットの練習方法として紹介されていますが、砂の上に飛球線に対して垂直にラインを引き、それをまたいで立って素振りをし、ソールでそのラインを消していく。こうすることでヘッドの入る位置を簡単に確認出来ます。

 

これは砂の上でボールを打つことの出来る環境がある場合に可能の練習方法ですが、砂が無い場合でもバスタオルを使えば同様の練習方法が可能になります。

 

バスタオルを4つ折りにして厚みを持たせて、一端を自分の方に伸ばして踏んでおきます。

 

4つ折りにしたタオルの上にボールを置き、フェースやリーディングエッジを当てにいくのではなく、バウンスでボールの手前のタオルを叩く事に集中して下さい。

 

タオルならば、ソールが当たった部分がめくれるので、どこにヘッドが入ったか簡単に確認出来ます。

 

スイングが安定しないと、ヘッドの一定にするのは非常に難しいものです。

 

こういう場合は、下半身リードとか回転で振るというセオリーを一旦忘れて、手だけで打つ位の意識の方がヘッドの入り方は安定します。

 

感覚的には手打ちになりますが、これは体の使い過ぎを抑えるのに有効な手段です。

 

ヘッドの入る位置、つまりスイングの軌道が安定してくるのが何よりの証拠です。

 

タオルを使うこのドリルは家の中でも出来ます。実際のゴルフボールの替わりにスポンジボールなどを用意して、積極的に取り組んでみて下さい。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,飛距離アップ,ヘッドスピードアップ

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ