チーピン解消法① 右手の親指と人差し指を外してグリップ|ライザップゴルフ

右手のグリップの親指と人差し指を外してチーピン解消

一部と飛ばし屋を除いて、飛距離においてアマチュアとプロの差は歴然と開いていますが、クラブを振るスピード自体には、実はそれほど大きな差はありません。

 

それでは、なぜプロとアマチュアにこれほど大きな飛距離の差が出るのかというと、プロは体をゆっくりと回してヘッドを走らせているのに対して、アマチュアは反対に体は早く振りますがヘッドを走らせることが出来ていないからです。

 

つまり、アマチュアはヘッドスピードを上げたいために体をがむしゃらに早く回転させていますが、上がっているのはスイングスピードであってヘッドスピードではないということです。

 

低く飛び出してすぐに左に曲がるチーピンは、スイングスピードを上げようとして右手優位で振ると出やすいミスです。

 

ダウンスイングで手首のリリースが早くなりフェースが返りすぎる事が原因となります。

 

これを防ぐには右手を使いづらくしてしまう方法が効果的です。

 

グリップしたら右手の人差し指と親指を外してしまいましょう。

 

右手を使いすぎるケースで最も悪さをする部分が、この右手の人差し指と親指です。

 

この2本を使えなくしてしまえば、右手の使い過ぎは自然に収まっていきます。

 

2本の指を外してもチーピンが止まらない時には、この2本に加えて左手の小指もグリップから外します。

 

ここまでくると、グリップはほとんどクラブをつまんでいるだけの状態になり、チーピンの原因となっているフェースローテーションの使い過ぎを確実に減らす事が出来ます。

おすすめゴルフスクール




ライザップゴルフ



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ライザップゴルフってどうなの? TOPへ