引っかけ解消法① 腕の使い方を意識する

左手でクラブを上げて下ろすイメージで振る

ゴルフスイング,基本,上達

引っかけのミスは、基本的にスイング中の上半身の使い過ぎが原因で起きるミスです。

 

下半身と上半身、どちらに力が入っても、結局は上体が早く動いて右肩が前に出てしまいます。これによってフェースが急激にターンし、程度の違いはあるもののアウトサイド・インとインサイド・アウトのどちらのスイング軌道でも引っかけが出てしまうのです。

 

プロの場合は、疲労がたまって腰の切れが悪くなったりしたときに引っかけが出ますが、アマチュアの場合には特にそんな理由がなくても普通に出ます。

 

この原因は、ダウンスイングで右手に力が入るからです。利き手を使うこと自体は悪い事ではありませんが、使いすぎると腕のリードで上体が早く動き、スイングのパワーバランスが崩れて引っかけが出てしまうのです。

 

まずはゴルフスイングの基本でもある、バックスイングでクラブを上げて、ダウンスイングでクラブを下すというシンプルな動きを心掛けてクラブを振ってみて下さい。

 

もしも、引っかかるようだったら右手は添えるだけにして、左手だけでクラブを上げ下ろしするイメージで振ってみましょう。

 

左手だけでグリップし、右手は小指下のふくらんだ部分を左手の人差し指と親指に触れさせる感じです。

 

左手一本で振っても良いですが、引っかけが出る人は左右の力のバランスが崩れているので、両方の腕でクラブを振りながら左手を意識する方が早く解消出来ます。

 

右手が強ければクラブの重さを感じませんが、左手で振るイメージを持つとヘッドの重みを感じられるようになります。

 

クラブの重みを感じられるようになれば、右手が強すぎて、上半身が勝つ引っかけスイングから脱却出来ているはずです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ