トップの解消法② 左手1本で打つ

左手1本打ち&フォローで腕を伸ばす

ゴルフスイング,基本,上達

インパクトからフォローで左ヒジが引けるとトップの出る危険が大きくなります。

 

原因は、クラブを引きつけることによってヘッドが上がり、ボールの頭を打ってしまうことにあります。

 

これはスライサーに多く見られる動きで、トップが多いスライサーはまず左ヒジの動きを疑ってみるべきです。

 

この種類のトップを解消するにはフォローで腕を伸ばすことが有効です。飛球線方向にクラブを放り投げるようなイメージで、思い切って左腕を伸ばしていきましょう。

 

ここで気を付けるのが、左腕を伸ばしたときに左ワキが空かないようにすることです。

 

左ワキが空くとヘッドが上に動くのでトップは解消されません。

 

腕と体を一体化し、思い切って上体を左に回すことで、左ワキが閉じたままでも無理なく腕を伸ばす事が出来ます。

 

これでも解決しない時は、左手1本でスイングする方法がおすすめです。

 

左手1本だと力任せにクラブを振っても、まともにボールを打てません。柔らかくグリップして、クラブヘッドの重みに任せて動く事が必要になります。

 

左ヒジが曲がっていれば、手でクラブを持ち上げているということであり、クラブの重みを感じる事は出来ません。

 

左手1本で振れればクラブの重みを感じる事ができ、ヘッドは自然に下りてきます。さらにフェースターンも自然に行われるので、ボールがつかまるというメリットも期待できます。実際のスイングでも、フォロー以降は左手1本で振るくらいのイメージを持ちましょう。

 

素振りから始めてハーフスイング、さらにクォータースイングでボールを打つところまでいければ、トップは解消されているはずです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ