フック解消法⑥ マットを使ったフック解消法

マットの上にボールを並べて打つ

ゴルフスイング,フック矯正,基本

スライスを矯正する方法として、ボールやテープを使って練習する方法をご紹介しました。

 

これはアウトサイド・インの軌道を修正するために、インサイドアウトの軌道をイメージしやすいようにテープやボールを使う練習方法です。

 

フックを直すためにはこの方法で、テープやボールを今度はアウトサイド・インの軌道がイメージしやすいように利用します。

 

アドレスした自分から見て、手前斜め右と、奥斜め左の位置にそれぞれボールを配置するのです。

 

マットの対角線上に3つのボールが並んだ状態で、真ん中のボールを打とうとすると、ダウンスイングで右手前、フォローで左奥のボールが気になります。

 

ヘッドがそれらのボールの上を通過しないようにスイングすれば、フッカーならばダウンスイングで適度なインサイドから下り、フォローもインサイドにクラブが抜けていきます。

 

もしこれでもダウンでインに入りすぎるようならば、右手前のボールをもう少し中心線寄りに置いて、アウトサイド・インのカット軌道のつもりでクラブを振ってみましょう。

 

また、ダウンスイングが極端にインサイドから下りないのであれば、フォロー側のアウトサイドだけにボールを置けばよいでしょう。

 

テープを貼ったりボールを置く、いずれのメニューも体の回転でスイングすることが大事です。ヘッドの通り道だけアジャストしようとすると、手が体から離れるので注意しましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,フック矯正,基本

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ