フック矯正法③ ストロンググリップでハーフスイング|ゴルフ上達法

超ストロングに握ってハーフスイングでボールを打つ

ゴルフスイング,フック矯正,基本

アマチュアゴルファーでフックに悩んでいる人の中には、出球は真っ直ぐなのにボールが上がらず、最終的に左に曲がるタイプの人がいます。

 

このようなフックが出るのはインパクトでボールを掴まえようとして手首をねじり、打つ瞬間にフェースがかぶっている事が多く、結果として低いボールが左に飛び出しているのです。

 

これを矯正するには手首の動きを抑えることがポイントで、効果的なのが少しでも手首を使ったら絶対にボールが真っ直ぐ飛ばないようにセッティングして練習する方法です。

 

具体的にいうと、まずグリップをストロングに握ります。それもグリップしたときに左手の甲が全部見えるくらい極端な超ストロングで握ってください。

 

このグリップでハーフスイングでボールを打つのですが、少しでも手首を使うとボールは必ず左へ飛び出します。

 

使用するクラブは6番くらいのミドルアイアンが基本となりますが、ウッドに限ってひどいフックが出る人はドライバーを使いましょう。

 

インパクト前後のヘッドの動きを矯正するための練習なので、スイングの大きさはハーフスイングまでで十分です。

 

この練習方法のポイントはスイング中に体をしっかりと回すことです。

 

手首を全く使わないので、最初はボールが捉まらずに右に飛ぶかもしれませんが、体をしっかりと回す事でボールが捉まり、真っ直ぐ飛ぶようになります。

 

繰り返し打っても真っ直ぐボールが飛び出したら、もとのスイングに戻してみましょう。

 

手首の使いすぎが収まっているはずです。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ