スライス矯正法⑬ ボールやテープを使って練習する

マットの上にボールを並べたり、テープを貼ってスイング軌道を修正する

ゴルフスイング,スライス矯正,基本

石川遼プロがゴルフスイングの軌道を安定させるために、アマチュアにすすめているのが、スポーツタオルを使った練習メニューです。

 

これは、ティーアップしたボールの手前、つまり体側にゆるやかな弧を描くようにスポーツタオルを置いて、タオルに沿ってヘッドを動かすようにしてボールを打つという方法です。

 

 

 

スポーツタオルで出来たガイドラインに沿ってスイングすることで、スイング軌道が安定してくるのです。ただし、スイング軌道が安定しないアマチュアゴルファーがこの方法で練習場でボールを打つと、誤ってタオルを飛ばしてしまう危険性があります。

 

そこで、これと同じような方法で練習場で実践しやすい練習メニューをご紹介します。

 

まずは、絶縁テープなどの伸縮性を持ったテープをスポーツタオル替わりに使い、スイング軌道のガイドラインを作る補法です。

 

ヘッドの通る軌道をイメージして、ゆるやかな弧を描くようにマットにテープを貼ります。

 

ゴルフスイング,スライス矯正,基本

 

テープに沿ってスイングすればインパクト前後でインサイド・アウトのスイング軌道になります。

 

また、極端にインサイド・アウトの軌道でクラブを振る練習をすると、カット軌道の矯正効果が高まります。

 

もうひとつの方法は、多くのプロが実践している練習メニューで、実際に打つボールを中心に、アドレスした自分から見て手前斜め左と、億斜め右にボールを置いてスイング軌道のガイドを作る方法です。

 

ゴルフスイング,スライス矯正,基本

 

この状態で真ん中のボールを打とうとすると、ダウンスイングで右の、フォローで左のボールが気になります。

 

ヘッドが2つのボールの上を当たらないようにクラブを振れば、ダウンスイングでインサイドに下り、フォローではややアウトサイドにクラブは抜けていきます。

 

本来ならばあまりアウトにフォローが抜けていくのはよくありませんが、これはあくまでもスライス対策の練習メニューなので、思い切って極端にアウトに振り抜くつもりでスイングしてください。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,スライス矯正,基本

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ