スライス矯正法⑨ 左サイドにキャディーバックを置く|ゴルフ上達法

左サイドにキャディーバックを置いて、腰のスライドを矯正する

体が疲れていると、ゴルフのスイングにも影響が出ます。その中でも影響がもっとも出やすいのが下半身です。

 

粘りが無くなり、スイング時に上体が引きずられるようになります。その結果、ダウンからインパクトで腰が回転せずに、スライドするような動きになります。

 

腰がスライドすると、ダウンスイングでフェースが開いたまま遅れて、いわゆる振り遅れの状態になります。これがスライスの原因になるのです。

 

ここで紹介する練習方法は、腰がスライドせずに、なおかつ左へ回すようになるための練習方法です。

 

まずは練習場などで、キャディーバックを自分の左腰のワキに置いてください。左サイドを意識できるものなら、キャディーバック以外の物でも構いません。

 

そのまま素振りをしたときに、腰がキャディーバックに当たる様だと、腰がスライドしてしまっている事になります。

 

左の腰がキャディーバックに当たらないようにするには、その場で腰を回転させる必要があります。

 

クラブを持たずにシャドースイングするだけでも構いませんので、左腰を後ろに引くように回してください。

 

これは、片山晋吾プロの練習でも良く見られる方法です。

 

片山晋吾プロは、キャディーバックではなく、キャディーにクラブを持ってもらい、左腰に当たるか当たらないかのギリギリのところにグリップエンドをセットしてスイングしています。

 

このように、わずかな隙間の中で左腰をスライドさせずに回転させることが出来れば、自然とスライスは矯正されていきます。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ