スライス矯正法⑧ 左のつま先を内側に向ける

左のつま先を内側に向けて、左のカベを体感する

ゴルフのスイングでは、トップ以降は下半身がリードして動き、クラブが後から下りてくるのが理想的な動きですが、アマチュアの場合、下半身のリードを意識しすぎると、腰が回転せずにスエーしてしまったり、左の腰が早く開きすぎるといった現象が起こりやすくなります。

 

これらの現象は「左のカベ」が上手く出来ていないことによって引き起こされるもので、結果としてクラブが大きく遅れてしまい、インパクトでフェースが開いてしまい、スライスの原因になります。

 

対処方法は「左のカベ」をしっかり作るということになりますが、スライスに悩む人にとってスイング中に左のカベを作ることは非常に難しいことと言えます。

 

その解決策として、アドレスの時点で左のカベをあらかじめ作っておくことで、方法は左のつま先を内側に向けておくことです。

 

この方法は、クローズスタンスでアドレスしておく事と同じ効果が得られるもので、クローズに構えるのにどうしても違和感がある人は、この方法を試してみて下さい。

 

素振りをすると分かると思いますが、左のつま先を内側に向けただけでも、フォローで左の腰は回りにくくなります。

 

これが左のカベをあらかじめ作ってある状態で、このカベが腰が左に流れたり、早く開くのを防いでくれます。

 

実際に練習場などでボールを打つときには、スイングをゆっくりにして、飛ばすことは考えずに、とにかくまっすぐボールを打つことに集中して下さい。

 

ボールの方向性が安定してきたら、つま先を元に戻してボールを打ち、スライスが出始めたらまた閉じるという練習を繰り返せば、左の腰が開きにくくなります。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,スライス矯正,基本

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ