スライス解消法④ インパクトの形を作る|ゴルフ上達法

スライスを解消するための理想的なインパクトを作りましょう

ゴルフスイング,スライス矯正,基本

ショットが成功するかどうかのカギを握るのは、いうまでもなくインパクトにあります。

 

シングルプレイヤーの中には、決してキレイとはいえない自己流スイングの人も大勢いますが、そんな上級者に共通しているのは、スイングの形はそれぞれだがインパクトは正確ということです。

 

 

 

 

アドレスと同じ場所にヘッドを正確に戻せたり、同じ角度でヘッドが下りて来てロフト通りにボールを捉えられています。

 

そのため、左右へのミスはあっても同じ弾道のボールを打つことが出来るのです。

 

このような上級者は、この形でインパクトが出来れば大きなミスは出ないという「インパクトのイメージ」がしっかり出来ています。

 

このインパクトのイメージをしっかりと作るのも、スライス矯正には欠かせないポイントになります。

 

インパクトのイメージを作るための練習方法が、ボールを打たないでインパクトの形を実際に作り、そのイメージを体に覚え込ませる方法です。

 

この練習では、以下の4つの点に注意してインパクトの形を作って下さい。

 

①フェースが開かずに、必ずスクエアかクローズになっていること

 

②左腕が伸び、右腕がわずかに曲がっている

 

③上体が正面を向き、腰はやや先行して左を向いていること

 

④体重は左右均等、もしくは少し左足に乗っていること

 

 

この4つの条件を満たすようにインパクトの形を作り、それを体に覚え込ませてからボールを打ちます。

 

いきなり同じインパクトでボールを打つことは出来ませんが、ボールを打つ前にインパクトの形を体にインプットしておくことで、徐々にインパクトのイメージが出来上がってきます。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ