ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン

コンパクトに振って芯で打ち抜く

ゴルフスイング,基本,上達

グリーンの形を見て、難しそうと感じたり、逆にやさしそうと見えるときもある。

 

たとえば、横に長く見えるグリーンであれば、まず考えるべきなのが、そう見えるだけかもしれないということです。

 

カートなどにグリーンの形状やピン位置を示す図などがあるときには、しっかりと形状を確かめてみましょう。

 

コース図には、グリーンの奥行の長さが示されていれば「奥行は30ヤード近くある」などということが分かります。もし、グリーンが縦に30ヤードあるなら、アイアンにして3番手分あることになります。

 

ピンに近いバンカーやラフなど「入れてはいけないエリア」がグリーンの前後にないか探し、それを避けることができる番手を選びましょう。

 

フルショットでグリーンに乗せられる番手が7番と6番で、5番アイアンでは少しオーバーしそうなショートホールがあるとします。

 

まずは、飛距離を安定させてグリーンを狙うことが優先なので、コンパクトなスイングで距離をコントロールするショットを打つとなると、番手の選択肢は6番と5番になります。

 

グリーン周りの「入れてはいけないエリア」がグリーンの奥にある場合には6番アイアン、手前にある場合には5番アイアンにクラブが絞られます。

 

あとは、決めた小さい振り幅でクラブをしっかりと振り抜きましょう。特にフィニッシュの大きさをあらかじめ作ってイメージに刻み、実際に打つときもそこで収まるように心掛けてください。

 

そうすることで芯に当たる確率が高まり、飛距離と方向性が安定します。

 

これは、ショートホールのティーショットに限らず、たとえばミドルホールのセカンドショットや、ロングホールのサードショットでも使えるショットです。

 

「○○ヤードだから番手は●番」ということに限らず、少し大きな番手をコンパクトに振り、方向性と飛距離の安定したライン出しの出来るショットを身に付ければ、グリーンを狙ったショットの成功率はフルショットに比べて格段に高くなるでしょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方