ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある|ゴルフ上達法

ダフッってもハザードを越す番手を持つ

ゴルフスイング,基本,上達

グリーンの手前や奥に避けるべきハザードがある場合には、番手選びでそれらを避けることが出来ます。

 

ハザードに入れるのを絶対に避けるのであれば、まずはピンの位置を意識から外しましょう。

 

「ハザードには入れたくないが、ピンには寄せたい」という中途半端な考え方では、イメージが漠然として狙いが定まりません。

 

グリーンの手前に池があり、なおかつピンが手前に切ってあるときには、ピンまでの距離に合わせた番手を持つと、少し芯を外しただけで池に入る危険性があります。

 

さらに、「芯でしっかりボールを捉えなければならない」という考えが、精神的なプレッシャーになってしまいます。

 

手前に池などがあるホールでは、グリーンの奥のエッジまでの距離に合わせた番手を持ちましょう。

 

大きすぎると感じるかもしれませんが、大きい番手を持つことで「少しぐらいダフったり芯を外しても池は越える」という安心感を持ってショットに臨む事が出来ます。

 

もしナイスショットしたとしても、グリーンの奥には乗るはずです。

 

受けグリーンになっていて、難しい下りのパットが残ったとしても、池に入れた時のペナルティーを考えれば、たとえ3パットをしてしまったとしてもそれよりスコアを崩すことはありません。

 

さらに、大きい番手を持っていれば、芯を外したりダフったりした場合でも、グリーンのセンター辺りに乗る可能性は十分にあります。

 

ただし、大きめの番手を持っただけで油断してはいけません。そのまま漠然としたイメージで打つのではなく、必ず奥に仮想のピンをイメージし、ボールが打ち出されてアーチを描いて落下し、仮想ピンの近くにオンするまでの弾道イメージをしっかり作ってからアドレスに入ってください。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方