ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用|ゴルフ上達法

ハザードを避けやすい打ち方をする

ゴルフスイング,基本,上達

自分がよく行くコースに、右にハザードがあるショートホールがある場合には、練習場などで絶対に右に行かない打ち方を練習しておけば、使える武器になります。

 

ティーアップを高めにして、つま先上がりと同じ状況にして構えたり、ボールを右に置いてボールがつかまりやすいようにしたり、フェースを閉じて構えるなどの方法が考えられます。

 

どの方法で上手くいくかは人それぞれなので、練習場などでどの方法が一番成功率が高いのか確かめておくといいでしょう。

 

練習の際には、ただ漠然とボールを打つのではなく、「右に池があるショートホールのティーショット」など、ホールレイアウトを頭の中でイメージしてシュミレーションのつもりで臨むと、練習の質も上がってきます。

 

また、短めの番手を持つとどうしてもしっかりと打とうとするので、ヒッカケのミスが出やすく、逆に大きめの番手で軽めに打とうとすると今度は緩んでボールが右に出やすくなります。

 

短い番手のほうがライ角がアップライトになっており、加えてロフトもあるため、構造上は左に行きやすいので、これを利用して右に入れてはいけないハザードがある場合には、短めの番手を使うと右へのミスの確率を減らすことが出来ます。

 

逆に、長い番手になればなるほど右に出やすい傾向があるので、左にハザードがあるホールでは大き目の番手を持ちましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方