打ち下ろしホールのティーショット

打ち下ろしによる飛距離の伸びは期待しない

ゴルフスイング,基本,上達

弾道のイメージを頭の中に描くことは、ショットの成功率を高めるための大切なことです。自分の飛距離に応じたキャリー地点までをを結んだアーチ状のラインをイメージすることで、いつもの自分の動きと力感でスイングすることが出来るのです。

 

 

 

 

ただし、そのアーチをワンパターンのいつもの形としてティーグラウンドで視界に当てはめると、打ち上げのホールではアーチの頂点は高くなってしまい、逆に打ち下ろしでは低くなってしまいます。

 

打ち下ろしのホールでは、そのアーチの到達点は、構えた場所の足元の高さと水平な空中のどこかになるはずです。そしてそこから実際の地面まで伸ばしていくようにして、弾道の全体像をイメージしましょう。

 

こうすることで、水平に構えて、いつもどおりの軌道とプレーンでスイングする準備が整います。

 

もちろん足場の傾きなど、スイングを乱すような要素がないかのチェックは入念に行っておきましょう。

 

打ち下ろしのホールでは弾道の頂点から落下するまでの距離が長くなるので、そのぶん風の影響を強く受けます。

 

サイドからの風が強いときのティーショットでも説明したとおりに風に逆らおうとせず、風の強さを利用して安全な地点まで曲げてもらえる方向に打ち出していきましょう。

 

また、打ちおろしの度合いが大きくなるとそれだけキャリーが伸びますが、それはあくまでも打ち下ろしによる自然な結果としてです。

 

ここで距離に対して欲をかいて必要以上に振ると、スイングのバランスが崩れて大きなミスにつながります。

 

打ち下ろしホールのティーショットほど、普段どおりのスイングを心掛けましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


打ち下ろしホールのティーショット

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方