ドッグレッグの攻め方|ゴルフ上達法

コーナーを越せるか越せないかで攻め方が変わる

ドッグレッグしているホールを上手く攻略出来るかは、ティーショットの方向性はもちろんですが、加えて飛距離の把握と安定性も重要になります。

 

大きな問題となるのが、ドッグレッグのコーナーまでの距離です。打ち上げや打ち下し、風などを考慮して、コーナーまで届かないならばコーナーギリギリのラインを狙うような攻め方はするべきではありません。

 

上手く打てたとしても、2打目でグリーンを狙えないどころか、グリーンを狙える場所まで出すだけになりかねません。こういうホールではコーナーの反対側の広いエリアを狙っていきましょう。

 

次に問題になるのが、広いエリアのフェアウェイの端までの距離です。それを超えてしまうと、たとえナイスショットしたとしてもフェアウェイを突き抜けてしまい、ラフや林などのハザード、最悪の場合はOBという結果になりかねません。

 

こういうドッグレッグしたホールのティーショットでは、セカンド地点までの距離と自分の飛距離をしっかりと把握し、コーナーを越せるか越せないかの適切な判断をして、セカンド地点からグリーンを狙えるかなどをしっかりと考えた上で打ち出す方向を決めましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


ドッグレッグの攻め方

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方