風の強い日のティーショット2

ボールの通り道の風を読む

ゴルフでは、風は戦うものではなく味方につけるものと説明しました。アゲインストなどの風に逆らおうとしても、なかなか対抗できるものではありません。

 

風を読むとき、グリーンの傾きのようなものとしてイメージします。フォローは下りのパットでいつも通りに打っても距離は自然といつもより伸びていきます。

 

反対にアゲインストは上りのパットで、いつもと同じ距離感で打てば当然距離は短くなります。

 

それに対して強く打つというイメージで目標に届かせようとしても、力んでヒッカケたりするミスの危険性を高めるだけです。

 

サイドウィンドウは横の傾斜で、目標へまっすぐに飛ばそうとしても、パッティングではボールは傾斜の下に流れていきます。だからといって傾斜に逆らおうとは思わないはずです。傾斜の高いところに向かって打ち出せば、傾斜によってボールは目標方向に自然と流されていきます。その曲がりは、ある程度の予想が立てられます。

 

空中を飛ぶショットの弾道に対する風の影響もそれと同じといえます。

 

風によってどのくらい曲げられるのかを計算して、狙う方向を変える。あとは、狙った方向にいつものスイングで打ち出し、あとは風に曲げてもらうのです。

 

パッティングは、ボールの通り道にかかっていない傾斜の影響は受けません。それと同様に風がいくら吹いていたとしても、ショットの弾道が通らない場所に吹いている風の影響は受けません。

 

上空の雲の流れや木の揺れ具合、池の水面の波紋などから風の向きや強さはある程度の予想がつきますが、その風がそのままボールの通り道に影響を与えるとは限りません。

 

ボールが通ると想定される空間の木の枝や葉などの動きをよく観察して、本当にボールに影響を与える風を見抜くことが大切です。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


風の強い日のティーショット2

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方