距離の長いミドルのティーショット|ゴルフ上達法

無理にパーオンを狙わないマネジメントも必要

ゴルフスイング,基本,上達

400ヤードを超えるような長いミドルホールでは、最初からパーオン狙わない攻め方をする必要が出てくる場合もあります。

 

なぜなら、無理に「2オン2パット」のパーを狙うことが、スコアを乱す原因になりうるからです。

 

ミドルホールでは距離が長くなればなるほど、必然的にセカンドショットでグリーンを狙う時に持つクラブが長くなります。

 

そうしたら、自然な思考としてセカンドなるべく短いクラブを使いたいと思ってしまうものです。

 

そのために、ティーショットではドライバーを必要以上に振ってしまい、ハザードやOBに打ち込んだり、難しいライのエリアからのセカンドショットを強いられる確率が高くなります。

 

ロングホールでのティーショットでも言いましたが、自分の限界以上の飛距離を望んで打つショットは、決して成功する確率は高くなく、それどころか多くの場合はトラブルを呼び込む原因となってしまいます。

 

距離のあるミドルホールでは、無理にパーオンを狙う必要はありません。特にセカンドショットの距離を残したくないために、ティーショットで無理をする必要は全く無いのです。

 

例えセカンドショットの距離が残ったとしてもグリーンまで届くクラブを持つことが出来れば、ナイスショットしてグリーンに乗る可能性が残りますし、仮に決して届かない距離が残ったとしても、セカンドショットで自分の得意な距離あるいは打ちやすい場所にボールを運んでおけば、アプローチを上手く寄せてパーをとる事は十分に可能なのです。

 

アベレージゴルファーが80台でラウンドする、あるいは上級者がパープレーを目指す場合であっても、全てのホールをパー以上で上がる必要はありません。ティーショットやセカンドショットで無理をしてスコアを崩すくらいなら、3打目勝負でパーを狙うほうがスコアをまとめるためには有効なマネジメントと言えるのです。

 

どんなに長いミドルホールであっても、3打目でグリーンに乗せるのは決して難しいことではありません。

 

セカンドショット以降の距離が残ったとしても、2打目、3打目と自信の持てるショートアイアンを組み合わせれば、安全で確実にグリーンに乗せる事が出来ます。

 

途中で大きなミスをしなければ、アプローチで十分に寄せワンのパーを取れるか可能性があり、悪くても2パットのボギーにまとめる計算が成り立ちます。

 

初めからパーオンしない計算で攻略を考えれば、このようなホールではスコアがまとめやすくなります。

 

ただし、パーオンを計算から外したとしても最初からボギー狙いでプレーしては精神的に緩んでしまい、それ以下のスコアが出てしまいますので、「3オン1パットのパー」を狙ってポジティブにコースを攻めるようにしましょう。

 

 

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


距離の長いミドルのティーショット

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方