ホールの距離に応じた考え方

セカンドショットの距離をあらかじめ想定しておく

ゴルフスイング,基本,上達

ホールの距離から自分のドライバーの飛距離を引けば、セカンドショットでの残り距離は簡単に計算出来ます。

 

つまり、ティーショットを打つ前から、セカンドショットで使う番手のイメージを持っておくことが出来るのです。

 

スコアをまとめるためには、常に次やその先のプレーをイメージしておく事が非常に大切になってきます。

 

例えば、距離の長いホールでは必然的にセカンドショットの距離が長くなるので、長い番手を使わなくてはなりません。

 

そのため、ついついドライバーで距離を稼ごうとして無理なスイングをしがちですが、それが大きくスコアを崩す原因となります。

 

スコアをまとめたいならば、自分の力量以上のショットや結果は絶対に求めてはいけないものです。

 

長いホールでセカンドショットに自信がないのであれば、パーオンにはこだわらずにプレーすることが、スコアをまとめる大きなポイントになります。

 

パー4であれば、セカンドショットで打ちやすい所を狙い3打目で確実にグリーンを捉えるといったことを考えておけば、ティーショットやセカンドショットで無理をすることがなくなります。

 

たとえパーオン出来なくても、3打目を上手く寄せるかロングパットが決まればパーを拾えるチャンスは残りますし、例え2パットしてもボギーで終える事が出来ます。

 

ティーショットやセカンドショットで無理をしてOBや池のハザードに入れてペナルティーを払ったり、バンカーや傾斜地に打ち込んで難しいショットをしなければならない状況に陥ると、パーどころかボギーすら危なくなります。

 

逆に短いホールならば、セカンドショットで自分の得意な距離を残す事を考えましょう。

 

50~70ヤードの中途半端な距離のショットが苦手であるにも関わらず、ティーショットにドライバーを使ってセカンドショットに中途半端な距離を残していたのでは、例えドライバーでナイスショットしたとしても、それがムダになってしまいます。

 

しっかりとフルスイング出来る距離が得意ならば、その距離を残すためにティーショットでドライバー以外のクラブを選択することも必要です。

 

80~90台でラウンド出来るアベレージゴルファーであれば、パットを除いたショットは多くても40弱~60強くらいになるはずです。

 

その中でいかに多く自分の得意なショットを出来るかが、スコアをまとめたりベストスコアを更新する上で非常に大きなポイントになってくるのです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


ホールの距離に応じた考え方

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方