両サイドにハザードがあるティーショット

球筋を決めて打つ

ゴルフスイング,基本,上達

左にOB、右に池というホールではどうしても「曲げてはいけない。「真っ直ぐに飛ばさなければ。」といった考えになりやすいですが、そのような考え方ではショットのハードルを自分で高くしてしまっているようなものです。

 

自分の球筋が決まっているならば、その球筋を利用してハザードを避けるようにマネジメントするべきです。

 

例えば、スライスが持ち球であればティーグラウンドの右側にティーアップして左のハザードに入らないギリギリのラインを狙っていきます。

 

いつも通りのスイングを心掛けることによって、スライスが出ればボールは右に曲がりセーフゾーンへ戻ってきます。

 

例えスライスせずに真っ直ぐにボールが飛んで行ったとしても、目標をハザードに入らないラインにしっかりと取れていれば、ハザードにボールが捕まってしまうことはありません。

 

フックが持ち球えあれば、ティーグラウンドの左側に立ち、右のハザードに入らないラインを狙っていきます。

 

いつも通りにフックすれば、ボールの曲がりでセーフゾーンまで戻ってきますし、曲がらなくてもハザードには入りません。

 

曲がり幅を大きく計算して、ハザードに目標を取った場合に、ナイスショットして真っ直ぐに飛んでしまってはハザードにボールが捕まってしまいます。

 

せっかくナイスショットをしても結果としてハザードに捕まってしまってはメンタル的なダメージが大きいので避けたいところです。

 

狙い目は、必ずハザードのギリギリ内側に取るようにしましょう。

 

また、調子が悪い日でボールの曲がり幅が計算できない日であれば、ドライバーに拘らず両サイドのハザードどちらにも届かないクラブで打つという決断も必要です。

 

こんな時に、ドライバーのコントロールショットを練習で身に付けておけば、こういったホールの攻略も楽になります。

 

ハーフショットのつもりで、トップとフィニッシュをコンパクトにし、リズムとバランスを重視してスイングすることを心掛けて下さい。

 

このショットは様々な場面で使う事が出来るので、ぜひ練習場で取り組んでもらいたいショットの一つです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


両サイドにハザードがあるティーショット

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方