右サイドにハザードがある時のティーショット|ゴルフ上達法

大きくスライスしても入らないように狙う

ゴルフスイング,基本,上達

スライスが持ち球のプレイヤーにとって、ホールの右サイドにOBや池、バンカーなどのハザードがあるホールでのティーショットは嫌なものです。

 

それらのハザードから遠く離れようとしてティーグランドで左サイドにティーアップをしてしまうケースがよく目につきますが、左サイドに立つと右側のハザードが視界の中により多く入ってくるため、逆に不安感が増してしまいます。

 

こういう状況では、ティーグラウンドの右サイドにティーアップして、フェアウェイの左サイドを狙うようにします。

 

つまり、フェアウェイに対して斜めに構えるのです。この向きに構えるとセーフティーゾーンが広く見え、それに対してハザードの見え方が狭くなるというメリットがあります。

 

そのうえ、フェアウェイの左サイドに向かって対角線に打ち出すと、スライスの曲がりが大きくても、角度に助けられて右サイドのハザードまで達する危険性を小さくすることが出来る。

 

スライスを打つと決めて、左の危険を消しているから、フェアウェイの幅をいっぱいに使えるのです。

 

このように構えた場合、もう右サイドのハザードに対して保険をかけているので、右のハザードを過剰に意識する必要は無くなります。

 

右サイドに対して保険をかけているのに、その上でさらに右のハザードを意識してしまうと、左へ引っ張る動きが出て保険をかけていない左サイドにボールが行ってしまいます。

 

持ち球の弾道を前提として左サイドへボールを打つので、いつも通りの持ち球が出るように、いつも通りのスイングをする事が大切です。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


右サイドにハザードがある時のティーショット

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方