風の強いときのティーショット1|ゴルフ上達法

積極的に風を利用する

ゴルフスイング,基本,上達

河川敷やシーサイドコースでは、海風や河の流域を吹き渡る風のがゴルファーを悩ませます。

 

特に冬は風も強くなり、体感温度を大きく下げるためプレーが非常にしにくい状況になります。

 

しかし、「風が苦手で、風が強い日のプレーは嫌だ」と思ってしまっては、なおさらプレーがつらくなってしまいます。

 

風が強く吹いている時は、それを味方に付けようと思うくらいの発想を持ちましょう。

 

たとえば、風がフォローならば風に乗せて距離を稼げば良いし、右にハザードがあるホールで、ハザード側から風が吹いてる時ならば、ハザードギリギリを狙っても風がボールをセーフゾーンまで戻してくれます。

 

ハザードに向かって風が吹いている時には、持ち球の曲がり幅が大きくなってもハザードに入らないほど大胆に方向取りをするか、絶対にハザードに届かない番手でティーショットすれば良いでしょう。

 

風の強い日には風を味方にすることを考えます。状況によっては味方に出来ない時もあるでしょうが、そんな時でも風とケンカすることは避けた方がスコアをまとめることが出来ます。

 

アゲインストでのティーショット、特にドライバーを使う時には、無理に風とケンカさせようとすると余計な力が入ってしまいます。そうすると無駄にスピン量が増えてボールは吹け上がり、余計に距離をロスしてしまいます。

 

そうではなくて、芯でボールを捉えることに集中して理想に近いスピン量のボールを打ち出すことによってロスを最小化させることが出来ます。また、この時はミート率を上げるためにもコンパクトなスイングを心掛けましょう。

 

別の方法では、クラブを短く持ち、ティーアップをいつもより低くして低いボールを打ち出せば、風の影響を避けられます。

 

風が強く吹く事の多い河川敷やシーサイドコースなどでは、特有の硬い地面を利用して、ランで飛距離を稼ぐ方法もあります。

 

特殊な条件である時こそ、その時のベストなショットを選択することを心掛けましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


風の強いときのティーショット1

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方