ティーアップを工夫する|ゴルフ上達法

打ちたいボールに合わせてティーアップの高さを変える

いつも同じように構えて、同じようなスイングを目指してプレーするという考え方は一理あり、ゴルフにおいては理想に近いプレースタイルですが、実際にプレーすると同じ構えは出来ても同じスイングは出来ないことはしばしば起きます。

 

ゴルファーであればその事は身に染みていると思います。

 

いつも同じようなスイングを再現するには、リズムとテンポが意識すべき最大の要素になります。

 

そして、動き自体もあまり小細工は考えずに、いつもと同じ自分のスイングを目指せば良い。その方がラウンド中に自分のスイングを壊すことなく、動きが安定してミスが減り、スコアをまとめることが出来ます。

 

ただ、構え岳は、状況に応じて変える必要が出てきます。

 

たとえば、フェアウェイの幅が狭く、左右にハザードがある場合には、狙った方向と許容範囲内にボールを収めるために、クラブを短く持ったり、スタンスを狭くしたりすると、自然にスイングの振り幅が小さくなり、ショットの誤差を小さく抑える事が出来ます。

 

右サイドに避けたいハザードがある時には、ティーアップを高めにすると、ツマ先上がりと同じ状態になってフェースの返りが良くなります。ボールが捉まりやすいので、右のハザード方向に打ち出す危険性を少なくすることが出来ます。

 

逆に左のハザードを避けたい時にはティーアップを低めにします。上から鋭角にヘッドを入れるイメージでスイングすると、アウトサイド・インの軌道になりやすいので、フェード回転がかかりやすく左へ行かなくなります。

 

このように、ティーアップの高さを変えるだけで結果的に望んだ結果を引き出すのが効果的です。

 

もちろんこうした傾向は練習場で試して、実際にどのようなボールが出やすいのかを把握しておくことも大切です。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


ティーアップを工夫する

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方