構えるのは向きを確かめてから|ゴルフ上達法

構える時は、向いている方向をしっかりと確かめてから

ゴルフスイング,基本,上達

ティーグラウンドには必ず2つのティーマーカーが設置されており、アマチュアゴルファー(特にアベレージゴルファー)の多くが、このティーマーカーの方向を基準にして構えを作っています。

 

しかし、これは大きな間違いです。

 

なぜなら、ティーマーカーは必ずしもフェアウェイに対して真っ直ぐ設置されているとは限らないからです。

 

ティーマーカーがフェアウェイに対して真っ直ぐに設置されていないにも関わらず、これを基準に構えてしまうと、自分のイメージとは違った方向に打ち出すことになります。

 

そうなると多くのアマチュアゴルファーは「スイングが悪い」と勘違いし、意識的あるいは無意識にスイングを修正しようとしてしまいます。

 

実際にスイングが悪い場合もありますが、この場合は本来スイングが悪いわけではなく、そもそも向いている方向が間違っているのです。

 

にも関わらず、スイングをあれこれいじってしまうと、逆に良いスイングを崩してしまう可能性があります。

 

あるいは、立っている方向が間違っていると無意識に体が反応し、正しくフェアウェイに打ち出そうとします。

 

この反応は、初心者から上級者まで技術レベルに関係なく出るものですが、多くの場合は右に向いているのを無意識に察知し、左へ引っ張って狙ったところに打ち出そうとします。

 

この反応が過剰に出ると大きな引っかけが出ます。逆に、偶然にも上手く狙った方向に打ち出せたとしても、問題の解決にはなりません。

 

構えた方向と飛ばした方向が合っていないのに、結果だけ見て上手く打てたと錯覚することによってスイングが崩れ、あとあと狙った方向に打ち出せなくなるのです。

 

いずれにしても、正しい向きに立てないとスイングを壊す原因になります。

 

ティーマーカーはもとより、ティーグラウンド自体がフェアウェイに対して真っ直ぐに作られているとは限りません。その事をしっかりと頭に入れて、向きをよく確かめてから構えを作ることが大切です。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


構えるのは向きを確かめてから

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方① 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方② 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方③ グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方④ グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方⑤ 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方⑥ 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方⑦ 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方⑧ 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方⑨ 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方⑩ 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方⑪ 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方⑫ ピン位置に合わせた狙い方