避けるべきところは避ける

ハザードなどは徹底的に避ける

ゴルフスイング,基本,上達

ハザードにボールを入れれば、相応のペナルティーを払うことによりスコアメイクの上で大きな痛手となります。

 

さらに、そこまでのホールを調子良く進んできていても、ハザードに入れたことがきっかけで残りのホールの結果が悪くなり、スコアを大きく崩すことも良くあります。

 

払ったペナルティーを取り戻そうと無理なゴルフをして、なおさらスコアを崩してしまったという経験は、必ずあると思います。

 

これを避けるにも、ハザードに注意を払い、徹底して避けて通るようにしましょう。

 

ハザードに対する対応は人によって分かれます。例えば、バンカーが得意ならばハザードと考える必要はありませんし、苦手な人ならば避けるべきハザードになります。

 

ティーショットなどで、ドライバーの落としどころに池などのハザードがあり、それが右サイドにある場合には左サイドを狙っていきます。

 

その時に注意したいのは、右サイドの池に入れたくないという考えは捨てて、左サイドにあるターゲット、たとえば木などのターゲットを探し、あそこに打つという意識で打っていきます。

 

避けるべきハザードを意識するよりも、しっかりと目標を定めてそこに打っていくという意識でスイングする方が、ショットの成功率は上がるものです。

 

どうしてもハザードが気になり、ショットに自信が持てない時には、絶対にハザードまで届かないクラブに持ち替えてショットを打つこともスコアメイクといえます。

 

ハザードを避けるために、自分の出来るベストな選択を冷静に行いましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ