カップから逆算して攻略ルートを考える

攻略ルートはピンから逆算して導き出す

アマチュアの、とりわけアベレージレベルのゴルファーは、ティーグランドからピンまでのルートを考えてプレーしている場合が多くあります。

 

しかし、スコアをまとめるためには、グリーンから逆算して攻略ルートを考える必要があります。

 

例えばピンの位置からコース攻略を考えた場合に、ピンがグリーンの左に切られているなら、セカンドショットはフェアウェイの右側から打てばピンを狙いやすくなります。

 

ということは、ティーグランドではグリーンの左にティーアップしておけば、ティーショットでフェアウェイの右サイドを狙いやすくなるという風に考えることが出来るのです。

 

距離が長いホールで、セカンドでグリーンに乗せれるか可能性が低い場合には、グリーン近くのアプローチで寄せやすい場所を考えてセカンドを打ちます。

 

グリーンを外しても、右サイドなら足が使えてアプローチでやさしく寄せれるといった判断であれば、ピンが左に切ってある場合でもグリーンの右サイドを狙っておけよいのです。

 

セカンドを上手く打ててグリーンに乗ればラッキーですし、グリーンを外してもやさしいアプローチで寄せることが出来れば、パーを拾える可能性があります。

 

ガードバンカーなどがある場合には、アプローチでそのバンカーがかからない場所にボールを運んでおきましょう。

 

このように、次のショットをやさしく打てる場所にボールを運ぶのがスコアメークです。

 

たとえそのホールでパーオンしなかった、もしくは距離が長かったりティーショットのミスでセカンドでグリーンを狙いえない場合でも、やさしく打てる場所にボールを運んでおけば、変に緊張したり力んだりせずに、自分の意図したショットを打つことが出来ます。

 

結果として、無理なショットでスコアを大きく崩すこともなくなり、大叩きせずにスコアをまとめることが出来るのです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ