曲がるラインでの目標の取り方|ゴルフ上達法

カーブの頂点に直線で狙いを定める

ゴルフ上達法,練習法

パッティングのラインにはプロサイドとアマサイドがあります。

 

例えば、スライスラインをカップの右に外すのはアマサイド、左に外すのはプロサイドになります。

 

 

 

 

アマサイドはタッチに関係なく入る可能性が無いラインで、プロサイドはタッチによっては入る可能性が有るラインになります。

 

安定したパッティングをしたいならば、常にプロサイドから転がっていくボールを打ちたいところです。

 

ここで、左右に曲がるラインの対処法ですが、まずは曲がり幅がどれくらいになるかをいかに正確に読むかがポイントになります。

 

傾斜や芝目、先に打ったプレーヤーのラインを参考にしながら、自分のラインをイメージしましょう。

 

スライス、フックともに曲がる頂点を決めます。その頂点が仮の目標になります。曲がりの頂点とボールを結んだ直線が目標線になります。この頂点に構えをつくり、目標線に沿ってストロークし、後はボールの転がりに任せます。

 

ここで注意したいのは、ラインによってボールの置き位置が狂いやすいということです。

 

スライスラインの時はボールが左に寄りやすくなります。そうなるとボールが遠いので、目標の右に押し出しやすくなります。

 

逆にフックの時にはボールが右に寄りやすく、引っかけが多くなります。

 

どちらもアマサイドに乗りやすいので、ボールの位置には常に気を配っておきましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ