パッティングの時のボール位置

左足かかとの延長線上で、左目の位置より少し前に出す

ゴルフ上達法,練習法

パッティングの際にボールをどの位置に置くかは、目とボールの関係を重視することで、正確なストロークがしやすくなります。

 

パットの時には必ずグリーンのラインを読みますが、構える時にはライン上にあるボールに対して、目は真上もしくは少し内側にくるように構えます。

 

これは自然な前傾角度を取った時にくる位置で、両目をラインに対して平行に使うことができます。

 

※ラインを正確に読む方法はこちら

 

※パッティングの構え方の基本はこちら

 

目がボールに対して内側になりすぎると、ボールが遠くなり手を前に伸ばさないとストロークが出来なくなります。逆に近くなりすぎると前傾が強くなりすぎてテークバックでヘッドが外に出てカット打ちになってしまいます。

 

ボールの置く位置は、基本的には左かかとの内側延長線上で、左目の真下からボール1~2個分前に出た位置になります。

 

スタンスを肩幅にとったと仮定して、左目の真下からボール3個以内が許容範囲と考えましょう。

 

この範囲の中なら両目をラインと平行に使えるので、構えた後にラインが見やすく、ストロークもスムーズにしやすくなります。

 

反対に、ボールが左目の真下より内側に来てしまうと、ラインが見づらくインパクトで詰まりやすいので注意してください。







おすすめゴルフ教材

ゴルフ上達法,練習法

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ