ラインを正確に読むには

グリーン全体の傾斜、上と下、さらに横から読む

ゴルフ上達法,練習法

グリーンには必ずラインというものが存在します。このラインをいかに正確に読むかが、カップインの確率を大きく左右します。

 

せっかく良いストロークでイメージ通りにボールを打ち出すことが出来たとしても、ラインを読み間違えていればカップインは望めません。

 

 

 

ここでは、出来るだけ正確にラインを読むにはどうすれば良いかをご説明します。

 

まず、グリーンというのは自然の中に造られているので、必ず地形の影響を受けています。近くに高い山などがあればそちら側が高く、反対側が低くなっているとほぼ断言できます。

 

最初に周囲を見回してもっとも高い位置を見つけましょう。

 

次に、グリーンに乗る前に、遠くからグリーン全体の傾斜を確認しておきます。グリーンから離れた所から見れば、全体のうねりや傾斜が把握しやすくなります。

 

グリーンに乗ったら、改めてどこが一番高いのかを確認して、グリーンの外からでは確認出来なかった小さなマウンドが無いかなどをチェックします。

 

最後は、実際にボールのある位置からカップまでのラインを読みます。

 

ボールの所に行く前に、カップをはさんでラインの反対側からや横の位置からおおまかな傾斜を観察しておきます。

 

その確認が済んだら、ボールの後方から傾斜を見て、今まで得た情報と照らし合わせてカップまでのラインのイメージを決定します。

 

細かいアンジュレーションや芝目もラインに影響を及ぼしますが、曲がり具合を決定する1番大きな要素は、あくまでも「傾斜」です。

 

グリーンの傾斜をどれだけ正確に把握出来るかが、ボールをカップインさせるために1番重要な要素になります。







おすすめゴルフ教材

ゴルフ上達法,練習法

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ