パッティング

パッティング記事一覧

まずはパターの性能を理解しよう

現在、市販されているパターの形状は様々で、中にはかなり変わった形状のものもありますが、大きく分けると4タイプに分類されます。ここでは、それぞれの形状のパターについてご紹介します。T字型パターこのT字型パターはシャフトがヘッドの真ん中に付いており、高い方向性が特徴のパターです。このパターが登場した当初...

≫続きを読む

ラインを正確に読むには

グリーンには必ずラインというものが存在します。このラインをいかに正確に読むかが、カップインの確率を大きく左右します。せっかく良いストロークでイメージ通りにボールを打ち出すことが出来たとしても、ラインを読み間違えていればカップインは望めません。ここでは、出来るだけ正確にラインを読むにはどうすれば良いか...

≫続きを読む

リラックスしてストローク出来る構えとは

「パットに型なし」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?どんな構えをとり、どんな打ち方をしたとしても入ればいい訳ですから、その人の持って生まれた感性を効果的に、なおかつ最大限に発揮できる構えが正解ということになるわけです。しかし、やはり基本は押さえておくほうが良いでしょう。アドレスの基本の一つに前...

≫続きを読む

パッティングの時のボール位置

パッティングの際にボールをどの位置に置くかは、目とボールの関係を重視することで、正確なストロークがしやすくなります。パットの時には必ずグリーンのラインを読みますが、構える時にはライン上にあるボールに対して、目は真上もしくは少し内側にくるように構えます。これは自然な前傾角度を取った時にくる位置で、両目...

≫続きを読む

フィーリングの良い打ち方をするには

パットは非常にデリケートな感覚が必要です。そのデリケートな感覚を出すためにも、グリップは自分のフィーリングが1番伝わるものを選択するべきです。グリップにはいくつか種類がありますがおすすめは「逆オーバーラッピング」です。一般的には右手が利き手の人が多いので、右手の指を全て使うことにより、利き手のデリケ...

≫続きを読む

まっすぐなストロークをするには

引っかけたり、押し出したりするのは、ヘッドを正しく動かせていないことから起こるミスです。ショットに比べて、パットはほんのわずかなスイング幅であるのに、ほんの小さなミスが大きく結果を左右します。パッティングは背骨を軸として、両肩と両肘、グリップを結んで出来る五角形をキープして、肩の縦回転でストロークし...

≫続きを読む

正しい距離感を身に付けるのは

パッティングは、多くの練習から細かい距離感を作っていくのがベストですが、アマチュアゴルファーで時間も限られている人には、それだけの練習時間を作るのはなかなか難しいものです。ですので、最低限の距離感を作るためにも、3つの距離を打ち分ける練習をしましょう。例えば、両足幅のストロークで3メートル、それから...

≫続きを読む

転がりの良い球を打つには

パッティングで一番大切なことは、ヘッドを一定のスピードでライン上をまっすぐに動かし、ヘッドの芯でボールの芯を真横から打つことです。パターでボールを正しく打つことができると、打つ距離によって若干は変わってきますが、ボールはだいたい10~20センチは回転しないで芝の上を滑っていきます。これがもっともスピ...

≫続きを読む

曲がるラインでの目標の取り方

パッティングのラインにはプロサイドとアマサイドがあります。例えば、スライスラインをカップの右に外すのはアマサイド、左に外すのはプロサイドになります。アマサイドはタッチに関係なく入る可能性が無いラインで、プロサイドはタッチによっては入る可能性が有るラインになります。安定したパッティングをしたいならば、...

≫続きを読む

傾斜のラインで距離感を合わせる

上りのラインで素振りをし、実際に打つとショートしてしまうということは、ゴルファーなら必ずあると思います。逆に下りのパットでは速いと思っていても、カツンと強く打ってしまう事が良くあります。こういった距離感のズレはなぜ起こってしまうのでしょうか。パッティングでは、インスピレーションを活かすことが大切です...

≫続きを読む







おすすめゴルフ教材

ゴルフ上達法,練習法

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ