砂をしっかりと爆発させる|ゴルフ上達法

バンカーこそ、しっかりクラブを振り切ろう

ゴルフスイング,バンカーショット,基本

バンカーでは基本的に砂を爆発させるエクスプロージョン・ショットをすることになります。

 

このショットは、ヘッドが抜けた後にボールが砂に包まれるようにして、はじけるようにボールが飛んでいくのが理想です。そうすることによってボールにスピンがかかり、柔らかく飛んでいくショットを打つことが出来るのです。

 

エクスプロージョン・ショットを成功させるために必要なのが、クラブをしっかりと振り抜くことです。

 

バンカーショットでヘッドを砂に打ち込んでいくとき、バンスが多少ボールの手前から入っても、反対に少し近い位置で入っても、フォロースルーをしっかり取ってクラブを振り抜けていれば、ボールの高さやキャリーに多少の誤差はあっても、トータルの飛距離はあまり変わりません。

 

ボールからの手前からバンスが入った時にはボールは低く飛び出しキャリーは出ませんが、スピンが効いていないので飛んでいない分はランでカバーされます。

 

反対にボールの近くにバンスが入った場合は、キャリーはイメージより出てしまうかもしれませんが、スピンの効いたボールになるので、ランが少なくボールがキャリーした場所の近くで止まってくれます。

 

バンカーショットで一番してはいけないことは、インパクトの前にスピードをゆるめてしまうことです。

 

バンカーショットは残りの距離は同じでもフェアウェイやラフからのショットに比べてスイングが大きくなるので、飛び過ぎを恐れてにブレーキをかけて、距離の調整をしようとしてしまいがちです。

 

しかし、この打ち方では砂をしっかりと爆発させることはできません。ヘッドが砂にめり込んでしまい、その場でスイングが終わってしまいます。

 

これでは、カップに寄せるどころかバンカーバンカーから脱出することも難しくなってしまいます。

 

サンドウェッジの機能を信じてしっかりとクラブを振り抜いていきましょう。インパクトを絶対にゆるめないことも重要です。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ