ボールを無理に上げようとしない|ゴルフ上達法

アドレスでは体をまっすぐにして立つ

ゴルフスイング,バンカーショット,基本

ゴルフのアドレスは、その人が今どんなボールを打ちたいのかがはっきりと表れます。

 

アマチュアゴルファーがバンカーショットに臨むときに良く見られるのが、ボールを上げたいと思うあまりに、体が右に傾いてアドレスを取っているケースです。

 

 

さらに、オープンスタンスになってしまうと、この傾向がますます強まり、さらに体重が右足にかかり過ぎてしまいます。

 

このアドレスでスイングをすると、クラブはボールのはるか手前で砂に入り、いわゆるダフった状態になります。

 

バンカーショットは、ボールではなく砂を打つショットですので、これでもバンカーから脱出できる時もありますが、必要以上に砂を多く取ってしまうため、たとえグリーンにボールが乗ったとしても、スピンが全くかからずにグリーンをオーバーしてしまう可能性が高くなります。

 

さらに、砂を多く取りすぎることで、ボールが狙った高さまで上がらずにアゴで跳ね返されたり、、思ったよりもキャリーが出ず、バンカーから出たとしてもグリーンの手前にショートするといったミスにつながります。

 

このようなミスを避けるためにも、バンカー内でアドレスは体の軸をセンターに置いて、体が右に傾かないようにまっすぐに取りましょう。アドレスの幅は肩幅と同じくらいに広げ、やや左足体重にしましょう。

 

両足を砂の中に埋めるほど深くもぐらせる必要もありません。下半身がぐらつかない程度で充分です。

 

砂の上にそのまま自然に立つ感じでも、上体に余計な力がかからない限りは、下半身がぐらついたり足が砂で滑ることはありません。

 

アドレスは、アプローチのピッチショットに近い構えになります。

 

シャフトはハンドファーストではなく地面と垂直になるように構えます。こうすることでバンスをボールの手前に打ち込み、砂を薄く取るようなイメージでクラブを振れるようになります。

 

ハンドファーストにしないのは、ヘッドを急角度で打ちこむ必要がないからです。

 

バンカーでは背筋を伸ばし、自然に立った姿勢でアドレスを作るように心がけて下さい。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ