ワンクッションを入れてのアプローチ

ボールを上げずに手前でワンクッション入れたい時には

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

ボールが左足下がりの傾斜にあるときや、グリーンの手前に土手があるときなどは、ボールを上げてのアプローチは成功率が非常に低くなります。

 

こんな時にはグリーンの手前の土手などにワンクッションさせるアプローチが有効になります。

 

 

 

 

手前から転がしていけば、左足下がりのライから無理にボールを上げようとしたり、グリーンの土手をキャリーで超えていくよりも難易度はかなり低くなり、アプローチの成功率は高くなります。

 

この時にまず確認しておかなければならないのが、グリーン手前の傾斜がどれくらいあるかです。

 

ワンクッション入れたアプローチをするときは、このグリーン手前にある土手の傾斜角によって、どこにボールを落とすかや高さ、距離感が変わってくるからです。

 

傾斜角が緩やかなのに強いボールを打つと、傾斜に当たったボールは前に跳ねて、距離のコントロールが難しくなります。

 

逆に傾斜角が強いのに弱いボールを打ってしまうと傾斜にはじかれて手前に止まったり、傾斜を転がって戻ってしまいます。

 

このようにグリーンの傾斜角によって、打つときの力加減は変わってくるのです。

 

斜面からのアプローチでは、傾斜に逆らわずに肩、腰、ひざのラインを地面と平行にしてアドレスし、左足に体重を多くかけます。

 

ボールをクッションさせる地点に集中して、ボールは右足寄りに置きハンドファーストに構えておきます。

 

クラブは短く握りフォローを傾斜に沿って低く出していき、ハーフトップを打つイメージでスイングしましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ