グリーンとカラーの境目|ゴルフ上達法

ウェッジの刃でコツンと打つ

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

グリーンとカラーの境目の長い芝にボールが寄りかかって、直接ボールを打てないという状況は、ラウンドをしていると必ず遭遇します。

 

このような場合には、ウェッジで打つと手前の芝の抵抗でボールがどのように飛び出すのかを予想するのが非常に難しくなります。

 

 

 

芝の抵抗に負けないようにと強くヘッドを打ち込んでしまうと、予想以上に強いボールが出てしまいカップを大きくオーバーしてしまったり、ヘッドが返りすぎてボールがはるか左に打ち出されたりします。

 

このような状況で最初に考えなければいけないのが、いかに芝の抵抗を受けないように打つかということです。

 

芝の抵抗を受けずに打つには、フェース下部のリーディング・エッジでボールの真ん中(赤道)を横から掃くように打つ方法が有効です。

 

この方法なら、芝の中にヘッドを入れずにボールを直接ヒットすることが出来ます。

 

さらに、オープンスタンスに構えることで、リーディング・エッジを目標に対してスクエアにすることが出来ます。

 

この方法でアプローチを試みるときに気を付けなければいけないのが、体の上下運動を絶対にしないということです。

 

ボールにヒットするのがリーディング・エッジという非常にせまい部分なので、体が上下に動いていると正確にヒットさせることが出来ません。

 

正確にボールをヒットするためにも、ひざの高さを変えないで「ビハインド・ザ・ボール」を意識してください。

 

ストロークは手先で行わずに、ショルダーターンを意識してパターのようなストロークを心掛けましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ