ピッチショット|ゴルフ上達法

コックを使ってヘッドから動かす

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

ピッチ&ランランニングアプローチと違って、ピッチショットはボールを高く上げて寄せるアプローチになります。

 

まずは使用するクラブですが、ロフトの大きいサンドウェッジやロブウェッジを使います。

 

ピッチショットは他の2つのアプローチと違って使う場面はあまりありませんが、バンカーや池などでピンが手前に切られている場合などに威力を発揮します。

 

ピッチショットを成功させるためには、手首を柔らかく使うことが必要です。

 

通常のショットに比べて、コックを大きく使うので、まずはグリップを普段よりも柔らかく握ることから始めましょう。

 

アドレスは、こぶし1個分くらいの狭いスタンスで、しっかりと弾道のイメージを頭の中で思い浮かべましょう。弾道の頂点を見ながらアドレスすれば、ピッチショットに必要な右肩が少し下がったアドレスが出来上がります。

 

バックスイングでは、手首を柔らかく使いしっかりとコックを入れて、一番最初にヘッドを動かすようなイメージでスイングを始めます。テークバックの初期段階でコックを開始し、リストが9時の位置に来た時点でクラブは垂直に近い形になります。

 

振り幅は、距離に対して少し大き目になります。ボールが高く上がるので、飛距離は普段よりも出なくなるためです。

 

ダウンでは、急に体重移動をせずに右足体重のままゆっくり振り下ろしていきましょう。U字軌道を意識しながら、フェース面をボールが滑っていくような意識を持ちましょう。

 

フォローでも、バックスイング同様に手首を柔らかく使いクラブを垂直に納めます。

 

グリップをゆるく握り、リストを柔らかく使って打ち急がないことがピッチショットを成功させるカギになります。

狙いどおりに高いボールを打つためには

ピッチショットは、体の回転やフットワークを使わずに、グリップを中心にしてコックを柔らかく使って打つショットです。つまり、体に仕事をさせるのではなく、手首を柔らかく使いクラブに仕事をさせるショットになります。

 

ここで、下半身の余計な動き、特に右ひざを送り込むような動きが加わると、ロフトが立ってしまったりフェースが返ったりして低いボールが出るというミスになります。

 

ピッチショットを成功させるためには、絶対に右ひざを送り込まずに、インパクトまで右ひざの位置をキープすることがポイントになります。

 

ダウンスイングでは、右足の裏を地面につけたベタ足の状態のまま、アドレスでの下半身の形をキープして、U字軌道を意識しながらクラブを振り抜きます。

 

インパクトを迎えたら、右ひざを送り込まずにフィニッシュに向けてクラブを高く振り上げていきましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ