ピッチ&ラン

余分な力を入れずに、振り子のようにクラブを振る

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

ピッチ&ランを成功させる最も大切なポイントは、ウェッジの重みを使って打つということです。ロングショットのように、体や腕の力を使って飛距離を出す必要はありません。

 

クラブの重みを利用してシンプルにクラブを振るのが成功の秘訣です。

 

 

小技というと、自分でクラブをコントロールする必要があると思いがちですが、その必要は全くありません。

 

試しに、グリップエンドを持ってクラブを左右に振ってみてください。手を動かさなくても、自然にヘッドが弧を描いて振り子のように動くはずです。

 

この動きが、ピッチ&ランのスイングの基本となります。

 

振り子のようなスイングをするためには、支点となる軸が必要です。首の後ろにある後頭部のつけ根を軸にして、そこを動かさずにクラブを振ると、振り子のようにスイングすることができます。

 

力は、インパクトの際のボールの重さによる抵抗や、芝の抵抗に負けない程度で十分です。

 

 

 

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

振り子のイメージでスイングが出来ているにも関わらず、ピッチ&ランで、自分のイメージ通りの球が出ない時には、切り返しでタメを作る動作をしてしまっていないか確認してみましょう。

 

シングルクラスの上級者の中にも、ピッチ&ランの際にタメを作る動きをしてしまっている人が多くいます。

 

いかにも感じを出した良い打ち方に見えますが、これが球筋が安定しない原因となります。

 

例えばグリーン前の花道で、絶好のポジションからピッチングを使ってピッチ&ランで寄せようとしたときに、ボールが止まりすぎてショートしてしまうのは、ゴルファーであれば必ず経験していることのはずです。

 

矛盾した言い方かもしれませんが、これは「上手く打ち過ぎたせいで起こったミス」です。

 

トップからの切り返しでタメを作ってしまったために、ヘッドが急角度から入りすぎてスピンがかかりすぎてしまった例です。

 

ロフト通りに素直に打てばいいのに、タメを作ってしまったために計算外のスピンがかかってしまったのです。

 

ピッチ&ランでは、トップからは手でクラブを振らずに、右手首の角度をキープしたままヘッドの重みでクラブを下に落としていきましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ