ウェッジを使いこなす

ラフやバンカーでは上手くバンスを利用しよう

一言にウェッジといっても、それには様々な種類があります。

 

大まかに分けると次の通りです。

 

名称 表示 ロフト角
ピッチングウェッジ PW 42~48度
アプローチウェッジ AW 48~52度
サンドウェッジ SW 54~58度
ロブウェッジ LW 60度

 

ロフト角が大きいほどボールが上がりやすくなり、飛距離は落ちます。

 

こうしたウェッジの一番大きな特徴として、バンスが付いていることが挙げられます。

 

バンスとは、ソールの出っ張りのことで、他のアイアンよりも分厚くなっています。さらにフェース裏面に近い部分が、カーブして出っ張っています。

 

特にサンドウェッジではこの傾向がはっきりとしています。

 

このバンスが厚くなるほど地面との抵抗が大きくなるため、ヘッドが跳ね返りやすくなっています。

 

つまり、バンカーの砂やラフの中に潜り込まないので、抜けが良くなるのです。

 

そのため、ラフやバンカーからはその特性を生かして抜けの良いショットを打つことが出来ます。

 

反面、硬いフェアウェイなどからはバンスが地面に跳ね返されて、思わぬミスショットが出る可能性もあることを覚えておきましょう。

 

ラフやバンカーでは、バンスを上手く活用して脱出を図りましょう。

 

バンスを上手く使うポイントは、ハンドファーストに構えて上から刃で打つのではなく、少し開き気味にしてバンスから着地するように意識してスイングすることです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ