アプローチの距離感はトップの大きさで作る

距離感は力加減ではなくスイングの大きさで作る

アマチュアゴルファーの中には、フルショットは得意にしていても、中途半端な距離の打ち分けが必要になるアプローチショットが苦手という人が多くいます。

 

その大きな原因に、さまざまな距離の対してスイングの大きさではなく、同じスイングの大きさでスイングスピードを調節したり、力加減を変えて打ち分けようとしていることがあります。

 

アプローチショットは、インパクトの強さを一定にして、スイングの振り幅で距離を打ち分けるのが正しい方法です。

 

例えば、アプローチウェッジのフルショットの距離が100ヤードならば、4分の3の大きさのクウォーターショットなら80ヤード、フルショットの半分のハーフショットなら50ヤードというふうに、トップの位置で距離を打ち分けましょう。

 

それぞれのトップの位置で飛距離がどれくらいなのかを把握することで、残り距離に対するスイングの大きさを決めることができ、やさしくアプローチすることが出来ます。

 


キャロウェイゴルフ Callaway Golf スイングイージー 070021500042

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ