アプローチのボールポジション

アプローチではボールの位置で高さを打ち分ける

アプローチでは、スイングで球の高さを打ち分ける方法もありますが、まずはボールの位置で高さを変える基本的な打ち方を覚えましょう。

 

アプローチの際にボールの高さを打ち分ける1番簡単な方法が、ボールの位置を変えて打つ方法です。

 

基本となるのはボール真ん中に置いて打つピッチ&ランになりますが、この他にも、ボールを右に寄せて打つランニングや、ボールを左に寄せて打つピッチショットがあります。

 

具体的な方法と球筋をご紹介します。

 

 

ボールの位置 アプローチの種類 球筋
真ん中 ピッチ&ラン バンカーなどの障害物を避けるだけのキャリーを出して、グリーンに直接落とした後はランで転がし寄せる
右足寄り ランニング

ロフトを立て気味にして上からボールを捉える。
キャリーはほとんど出ずにランで転がし寄せていく。

左足寄り ピッチショット

シャフトを地面と垂直になるようにセットします。
インパクトは最下点になるので、ロフト通りの高い球になります。
ボールを高く上げてピン側に落とし、
止めて寄せる

 

この3つのアプローチは、厳密な境目はありませんが、それぞれの状況に応じてボールの位置を変え、高さを打ち分けましょう。

 

わずかにハンドファーストに構えて打つピッチ&ランがアプローチの基本になりますが、他のランニングアプローチやピッチショットもそれぞれキャリーとランの割合を把握しておきましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ