アプローチのイメージ① 生まれながらの感性を生かす|ゴルフ上達法

アプローチは手でボールを投げる感覚で寄せる

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

特にゴルフを始めたばかりには、なぜこんな近くのアプローチを寄せることが出来ないのかと思ってしまいます。さらにゴルフを長く続けている人でも、なかなかアプローチが上手く寄らずに、悩んでしまう人も多くいます。

 

いっそ手で投げればもっと寄るのに、と私も良く思うことがありますが、実際にアプローチの距離と方向性は、ものを下手投げする間隔に通じているのです。

 

例えば、日常でも物を遠くに投げようとすれば上段投げで投げ、近くの目標に向かって投げる時には自然に下手投げになります。

 

アプローチの間隔は、この下手投げの距離感と方向性を活用することで、ボールをよりカップに寄せることが出来るようになります。

 

手で投げる感覚をそのままクラブに生かすわけです。

 

まずはクラブを握らずに、実際にボールを下手投げしてみましょう。そうすると、目視だけで自然と腕の振り幅を決めることができるはずです。

 

このように、生まれながらに持っている感性、つまり距離感と方向性を信じて、その感覚を素直にクラブに伝えるようにしましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ