ミドルアイアン② テークバックは低くゆっくり

テークバックでは両腕を伸ばし、体と腕でまっすぐ後方に引く

ゴルフ上達法,練習法

いかにボールを正確に飛ばせるかが、ミドルアイアンに求められるテーマになります。

 

ラウンドで最も使用頻度が高いのもミドルアイアンになります。このミドルアイアンをいかに上手く使いこなせるかが、スコアメークの上での重要なポイントになります。

 

ここで、ミドルアイアンを失敗する2つの大きな原因をご紹介します。いずれもテークバックの初期段階で起こるミスです。

 

体が右に大きくずれるスエー
ヘッドを急激に上げる「担ぎ上げ」と呼ばれる動き

 

 

スエーはボールを飛ばそうという意識から起こり、担ぎ上げはボールを上げようとする意識から起こる動きになります。

 

この2つの動きを矯正することで、正しいテークバックすることができ、ナイスショットの確立を上げる事が出来ます。これはミドルアイアンだけではなく、全番手に共通することでもあります。

 

まずスエーを防止するためには、アドレスでの右ひざの向きをキープすることを心掛けましょう

 

上体を右に回すと、下半身もつられて右に移動しやすくなります。下半身をが右にずれるとスエーになるわけですが、体重を右足の内側で支え、アドレスで出来た右ひざの向きをキープすることで、スエーを防止することが出来ます。

 

一方、担ぎ上げはボールを上げたいという気持ちから起きるミスですが、この動きはヒジが大きく曲がってしまうため、ダウンスイングで打ち込みが強くなりすぎ、ダフりの原因となります。

 

担ぎ上げを矯正するには、テークバックを低く長くとるようにします。

 

もちろん、右ひざを外に逃がしたり、ひざの正面を右に向けたりしないように維持しながら、低く飛球線後方へ引くのがコツです。

 

とくに、右ひじは早い時期に曲げようとしすぎなので、意識的に伸ばしながらテークバックしましよう。

 

こうすれば、いきなりヘッドを上げる担ぎ上げの動きを防ぐことが出来ます。

 

スエーや担ぎ上げは、いずれもテークバックをあわてて始める事で起きるミスです。テークバックを速く上げても、飛距離が出るわけではありません。

 

体とクラブの動きを上手く同調させながら、あわてずにゆっくりとクラブを上げることを心掛けましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフ上達法,練習法

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ